Deburring Technology for Sheetmetal

板金製品ばんきんせいひん のバリ 取 り 技術ぎじゅつ

バリ 取 りレスキュー たい



はじめに

日本人 は、 古来こらい から“ものづくり”を 大切 に 考 えて 来 た 民族みんぞく です。  創意工夫そういくふうほどこ し、 真面目まじめ にものづくりに 取 り 組 む 事 で、 世界 にも るい を 見 ない 高度 な 文化 や 技術ぎじゅつつちか って 来 ました。  そして、これからの 時代 においても、 結局けっきょく は、 日本人 が “ ものづくり ” に 取 り 組 む 事 が 国 の 石杖いしづえ となって 行 く 事 でしょう。  しかし、 未来みらい の 日本 の “ ものづくり ” に、 板金屋ばんきんや さんは、きちんと 生 き 残 って 行 けるのでしょうか?  板金屋ばんきんや さんは、 全国ぜんこく で3 万件まんけん ほど 存在そんざい すると 言 われています。 しかし、ここ5 年間ねんかん の 間 に 半減はんげん する 事 は 間違まちがい いありません。

年配ねんぱい経営者けいえいしゃ がいて、 後継者こうけいしゃ が 育 っておらず、あと 数年すうねん廃業はいぎょう するであろう 板金屋ばんきんや さんが、もの すご く 多 い 事 には おどろ かされます。 また、 長年ながねん不況ふきょう を 乗 り えて 来 た 板金屋ばんきんや さんには、 必 ずノーハウがあります。 コストの 事 を 念頭ねんとう に 入 れれば、ほぼ 全部ぜんぶ板金屋ばんきんや さんが、そのコストでは、そこでしか 作 れないという 金属製品きんぞくせいひん製造技術せいぞうぎじゅつ を 持 っています。 そんな 会社 の 社長しゃちょう でも、 息子むすこ さんや わか人達ひとたち に、 自分 がやって 来 た 板金屋ばんきんや がせようとはしないケースが 多 いのです。

金属製品製造業きんぞくせいひんせいぞうぎょう におけるバリ 取 り 作業さぎょう は3K(きつい、 きたな い、 危険きけん )の きわ みです。 バリの 存在そんざい によって、 金属製品製造業きんぞくせいひんせいぞうぎょう が 受 けている 被害ひがい は、あらゆる 面 で 膨大ばくだい なものとなっています。  特 に、 板金屋ばんきんや さんにおいては、 3Kさんケー のイメージが 付 きまとい、 誰 もが、やりたくない 職種しょくしゅ代表格だいひょうかく げるほどです。  何故なぜ 、そんな 事 になったのか? それは、 熾烈しれつ なコスト 競争きょうそう も 大 きな 原因 の1つですが、 板金屋ばんきんや さんのイメージの 問題もんだい が 大 きく 関 わっています。

3Kさんケー象徴しょうちょう のような 企業きぎょう には、 優秀ゆうしゅう人材じんざいあつ まりません。 あなたは、 自分 の 子供 が、 板金屋ばんきんや さんで 働 く 事 になったら、どのように 思 われるでしょうか? きっと、 奥様おくさま反対はんたい されるのではありませんか?  板金屋ばんきんや さんのイメージを わる くしている 最大さいだい要因よういん は、バリ 取 り 作業さぎょう存在そんざい だと 私達わたしたち は 考 えています。

その 危険性きけんせい だけを 考 えても、おおよそ 将来しょうらい の 日本人 にやらせるべき 仕事 ではありません。 また、バリ 取 りの 際 に 発生 する 粉塵ふんじん は、 工場 を きたな くしてしまいます。  労働環境ろうどうかんきょう としても 最悪さいあく です。  こういった 環境かんきょう から、 労働者ろうどうしゃ解放かいほう する 事 は、 板金屋ばんきんや さんの 将来しょうらい にとって、もの すご く 大切 な 事 です。  現在げんざい 、その 事 に 気付きづ いておられる 板金屋ばんきんや さんと、そうではない 板金屋ばんきんや さんがおられます。 これは、 誰 でも 工場 を 見 れば 一目ひとめ で 解 ります。 ピカピカの ゆか で 仕事 をしている 板金屋ばんきんや さんと、 昔 ながらの くらきたな い 工場 で 仕事 をしている 板金屋ばんきんや さんがおられるのです。 どちらが、 生 き 残 るのかは、 議論ぎろん余地よち はありません。

こういった 事 を、 長年ながねん真剣しんけん に 考 えずに、 ハンドグラインダーで 3K作業さんケーさぎょうかえ して 来 た 事 が、 多 くの 面 で、 現在げんざい板金屋ばんきんや さんや 設計技術者せっけいぎじゅつしゃくる しめている のです。 

では、 単純たんじゅん にバリ 取 り 機 などの 設備せつび導入どうにゅう すれば、それで 良 いのかというと、それが 簡単かんたん ではありません。 まず、 バリとバリ 取 り 技術ぎじゅつ に 関 する 知識ちしき が 必要 です。  生産効率面せいさんこうりつめん を 考 えても、 実際じっさい現場げんば をよく 観察かんさつ すれば、バリ 取 り 作業さぎょう が、 最 も 生産性せいさんせい が 低 い 工程こうてい である 事 が 多 いのです。  近年きんねん では、より 高度 な “ ものづくり ” を 行 うために、 板金屋ばんきんや さんに せられたノルマも 膨大ぼうだい なものとなって 来 ました。  例 えば、 単純たんじゅん なバリ 取 りではなく、 R面取アールめんと りを 行 う 事 で、 防錆効果ぼうせいこうか細菌類さいきんるい繁殖はんしょく に 対 する 対策たいさく を 行 うシーンも 増 えて 来 ています。

次世代じせだい に 向 けて、 私達わたしたち板金ばんきん のバリ 取 りを、どのように 考 えてゆけば 良 いのでしょうか?

このサイトでは、 板金ばんきん のバリ 取 りに 関 わる 皆 さんに 対 し 多 くの 情報じょうほう提示ていじ し、 皆様みなさま利便性りべんせい を 図 ると とも に、 日本 における 板金ばんきん のバリ 取 り 技術ぎじゅつ について、 可能 な 限 り 詳細しょうさい に 述 べてゆく 事 とさせて 頂 きます。

平成へいせい 28 年 1 月吉日がつきち

バリ 取 りレスキュー たい


次 ページではバリ 取 りを 子供 にも 解 るように 説明 します。




バリ取りレスキュー隊

バリ取りレスキュー隊にMailを送る