AuDeBu 総合情報ページ


板金屋ばんきんや さんとめっき屋さん その3

めっき屋さんの事を 理解りかい するには、めっき屋さんの仕事について知 らなければなりません。 そこで、 無電解むでんかい ニッケルめっきの場合を例として、めっき 作業さぎょう工程こうてい を以下に述べます。

■   製品せいひん治具じぐ がけ

治具じぐ と呼ばれる 器具きぐ に、 製品同士せいひんどうし がぶつからないように 製品せいひん を取り付けます。 

■   脱脂だっし

めっきを行う 金属製品きんぞくせいひん には、 防錆ぼうせい切削性せっさくせい加工性かこうせい などの向上のために、 油脂ゆし が使われています。 しかしめっき加工をする前に、 あぶら完全かんぜん に取り のぞ いておかないと 密着不良みっちゃくふりょう の原因となります。  密着不良みっちゃくふりょう の80%はめっき 前処理不良まえしょりふりょう が原因と言われます。  どこのめっき屋さんでも、このめっき 前処理まえしょり に力を入れています。  脱脂工程だっしこうてい は、 製品せいひん についている あぶら を取るために行います。  製品素材せいひんそざいあぶら のつきの 具合ぐあい にあわせて、 脱脂液だっしえき選定せんてい を行い温度や 時間じかん調整ちょうせい します。  超音波洗浄機ちょうおんぱせんじょうき併用へいよう する時もあります。

■   水洗工程すいせんこうてい

水洗工程すいせんこうてい は、 脱脂工程だっしこうてい で使った 薬液やくえき を次の 薬液槽やくえきそう に持ち込まないようにするために行います。 また、 水洗工程後すいせんこうていご の水の したた具合ぐあい を見て、 脱脂工程だっしこうてい出来具合できぐあい を確認することも 重要じゅうよう なポイントです。  脱脂だっし不十分ふじゅうぶん な場合、 製品せいひん が水をはじくため、もう 一度脱脂いちどだっし時間じかん延長えんちょう したり 脱脂温度だっしおんど を上げたりして、 完璧かんぺき脱脂だっし できるまで 次工程じこうてい には進みません。  超音波洗浄機ちょうおんぱせんじょうき併用へいよう する時もあります。

■   電解脱脂工程でんかいだっしこうてい

電解脱脂工程でんかいだっしこうてい は、 浸漬脱脂しんしだっし で取り のぞ くことのできない、 微細びさい凹凸面おうとつめん付着ふちゃく したバフカスや焼き入れのスケールを、 多量たりょう のガスの 圧力あつりょく で取り のぞ くために行います。 仕上しあ脱脂だっし と呼ばれることもあります。  製品素材せいひんそざい によって、 脱脂液だっしえき選定せんてい を行い、温度や 時間じかん調整ちょうせい します。

■   酸活性工程さんかっせいこうてい

酸活性工程さんかっせいこうてい は、めっき前に 素材そざい活性化かっせいか させ、めっきを付きやすくするために行います。  鉄系てつけい硫黄快削鋼いおうかいさくこう銅合金どうごうきん など 素材そざい にマッチした 活性化かっせいかを行います。

■  めっき 工程こうてい

これでやっと 無電解むでんかい ニッケルめっきを行う事ができます。 お客の 要求ようきゅう する 膜厚まくあつ により 時間じかん を決めます。 めっきの 種類しゅるい が変わっても、めっき前の 前処理まえしょり やめっき後の 後処理あとしょり に、大きな違いはありません。

■   乾燥工程かんそうこうてい

エアージェットで 水分すいぶん き飛ばし、治具じぐ から 製品せいひん を取り外したりします。 これまでの 工程こうてい もめっき屋さんやめっきの 種類しゅるい によって 工程こうていこと なる場合があります。 また、これで 製造工程せいぞうこうてい は全て 終了しゅうりょう とするめっき屋さんと、そうでないと考えるめっき屋さんがあります。  下記のベーキング 処理しょり は、めっき屋さんによって考え方が違います。

■  ベーキング 処理しょり

製品温度せいひんおんど を約200度に 保持ほじ し、2 時間以上じかんいじょう時間じかん をかけて、 製品せいひん から 水素すいそ きます。 これを行わないと、 水素脆性すいそぜいせい という 現象げんしょう が発生する事があります。  まれ水素脆性すいそぜいせい が発生すると、金属は 製品せいひん になった後でボロボロになってしまいます。 金属の 病気びょうき みたいなものだと 思って頂いても良いでしょう。 実は、全ての 工程こうてい の中で、このベーキング 処理しょり が最も 時間じかん を必要とする 工程こうてい であり、めっき屋さんのキャパシティは、ベーキング 処理しょり で決まるとも言われています。

ベーキング 処理しょり に関して

きちんと、ベーキング 処理しょり を行っているめっき屋さんと、そうでないめっき 屋さんがあります。 行っているめっき屋さんでも、 製品せいひん によって、行ったり行わなかったりするようで、 特別とくべつ指定してい されない場合は、行わない事が多いようです。

金属製品きんぞくせいひん破壊はかい するようなトラブルが発生した事があると、ベーキング 処理しょり を行うようになったりするようです。

筆者ひっしゃ には、 水素脆性すいそぜいせい直接ちょくせつ発生原因はっせいげんいん が、めっきのどの 工程こうてい にあるのかは、はっきりと解っていません。  脱脂工程だっしこうてい では さん を用いますが、その 酸性液さんせいえき が新しいと、発生する事が多いという話を聞いた事があります。 また、 脱脂時間だっしじかん長過ながす ぎても発生するはずだと思います。

これらを、きちんと 管理かんり すれば、ベーキング 処理しょり は行わなくても良いのかも知れませんが、 技術者ぎじゅつしゃ によって 見解けんかい が分かれるところです。

それ 以前いぜん に、 金属製品きんぞくせいひん破壊はかい した原因が 水素脆性すいそぜいせい であるかどうかを 証明しょうめい する方法が、ほぼ無いので、『 魔女狩まじょが り』 状態じょうたい になり、とにかくベーキング 処理しょり を行えば 是正ぜせい できると思い込んでしまっている 可能性かのうせい があります。

ですが、ベーキング 処理しょり というのは、 時間じかん がかかりすぎる 作業さぎょう であるため、これによるめっき屋さんの 損失そんしつすご く大きい。

めっき屋さんは、トラブルの原因をはっきりと言わない場合が多いので『 魔女狩まじょが り』 状態じょうたい になってしまっている 可能性かのうせい があります。 ひょっとすると、 脱脂工程だっしこうてい を少し 改善かいぜん するだけで、全く発生しないのかも知れません。 長くこの仕事をやっていると、 数年すうねん に一度のペースで、 断定だんてい はできないものの 水素脆性すいそぜいせい かと思われる 現象げんしょう にぶち当たります。 その 頻度ひんど は、 作業員さぎょういん のポカ( 時間管理じかんかんり ミスなど)の 発生頻度はっせいひんど一致いっち しているように思えてなりません。

筆者ひっしゃ は、 以前いぜん 、海外のめっき屋さんと話をした事がありますが、“ 私の国ではめっき 処理しょり の後に 熱処理ねつしょり はしない! ” と言っていました。 ベーキングの事は 一切知いっさいし らず、200度で 熱処理ねつしょり するとしか 解釈かいしゃく できなかったのでしょう。 ちなみに、200度で 熱処理ねつしょり するのは、アルミくらいです。“知らない”ってのは、 おそ ろしい事だと思います。

■   最終検査さいしゅうけんさ

めっきの 密着みっちゃく テスト、 外観検査がいかんけんさ蛍光X線けいこうエックスせん めっき 膜厚装置まくあつそうち を使った 膜厚測定まくあつそくてい を行っています。  検査成績書けんさせいせきしょ発行はっこう される場合もあります。

■  まとめ

上記のように、めっき屋さんの 工程こうてい複雑ふくざつ です。 ミスが起こり易いのは、 各工程かくこうてい時間管理じかんかんり です。 どの 工程こうてい時間じかん が来たらタイマーなどで知らせるようになっていますが、 作業員さぎょういん の方の 体調たいちょう なども つね万全ばんぜん ではありませんので、 板金屋ばんきんや さんは、たまには 想定外そうていがい の事が発生するという事を 念頭ねんとう に置いて せっ するべきでしょう。




次ページは  板金屋ばんきんや さんとめっき屋さん その4 です。




バリ取りレスキュー隊

バリ取りレスキュー隊にMailを送る