AuDeBu 総合情報ページ


板金屋ばんきんや さんとめっき屋さん その4

めっきとバリの 関係かんけい

めっき屋さんに関して、ここまで述べて来た事は、全て、下記を 理解りかい して頂くためのイントロダクション のようなものです。

板金製品ばんきんせいひん に、バリや、ピン かど がある場合、 均一きんいつ なめっきを行う事ができなくなります。

電気めっきと 無電解むでんかい めっきの違いは、電気めっきは電気を通すが、 無電解むんでんかい めっきは電気を通さないという点であると書きました。

両方りょうほう とも、バリや、ピン かど があると 製品全体せいひんぜんたい均一きんいつ に電気が通らなくなりますが、電気めっきの場合、 とが ったバリの部分に 集中しゅうちゅう して電気が流れます。 そのために、エッジの 周辺しゅうへん のめっきだけが あつ くなってしまいます。  無電解むでんかい めっきの場合は、こちらは 塗装とそう と同じです。  通電つうでん影響えいきょう はありませんが、逆に、 形状けいじょう影響えいきょう を受け易いので、エッジの部分のめっきだけが うす くなります。 

“そんな事、聞いた事が無い”と思われる方も多いと思います。  ですが、ここ10 年間ねんかん最新さいしん研究けんきゅう では、めっき 膜厚まくあつ が、どの 程度ていど になるのかをシミュレーションできるようにもなり、多くの 論文ろんぶん が出て来ています。

めっき 技術ぎじゅつ の中でも、めっきの 膜厚まくあつ管理かんり というのは、めっき屋さんが最も気にする部分であり、色ムラや 耐久性たいきゅうせい低下ていか に結びつきます。 というのは、めっきの あつ さは、めっき そう ける 時間じかん管理かんり されます。  かり にバリのある部分にめっきが 集中しゅうちゅう してしまうと、その 分、他の部分のめっきが うす くなってしまいます。 バリの 大きさや場所は、 不均一ふきんいつ になっていますので、同じ 製品せいひん であっても、1つ1つめっき あつ が大きく こと なる 結果けっか となります。  勿論もちろん製品せいひん のめっきによる 機械的性質きかいてきせいしつ が失われ、美しくなくなったり、 びるのが早くなったりします。

こういった事があると、めっき屋さんは、お客さんから うで信用しんよう してもらえなくなってしまいますので 何時いつ製品せいひん抜取検査ぬきとりけんさ を行い、めっきの 膜厚まくあつ計測けいそく し続けているのです。めっきの 膜厚まくあつ計測けいそく する理由は、ある意味、バリによる 影響えいきょう がどの 程度ていど かを はか っているようなものです。

めっき 作業さぎょう工程こうてい に関して言うと、前のページの 工程こうてい を見ても解るように、 何処どこ のめっき屋さんでも 念入ねんい りに 段取だんど り( 下準備したじゅんび )を 行っています。 しかし、この中に、さらにバリ取り 工程こうてい追加ついか する事などできるはずがありません。 バリ取りは、あくまで 板金屋ばんきんや さんで行った方が 効率的こうりつてき です。

金属製品きんぞくせいひん のバリは、めっき屋さんにとって、 多大ただい悪影響あくえいきょう を与えて来たとお考えください。

また、 板金屋ばんきんや さんが 金属製品きんぞくせいひん のバリ取りを行う事は、めっき屋さんにとって大きなメリットがあるという事も 御理解頂ごりかいいただ きたく思います。

板金屋ばんきんや さんとめっき屋さんのあるべき 姿すがた

筆者ひっしゃ の考えを述べますと、 板金屋ばんきんや さんはめっき屋さんや 塗装屋とそうや さんと、 技術的ぎじゅつてき連携れんけい を考えるべきです。 例えば、 板金屋ばんきんや さんが AuDeBuオーデブ などのバリ取り機の 設備投資せつびとうし を行って、バリ取りを行うと、めっき屋さんや 塗装屋とそうや さんにも大きなメリットが発生します。 

何重なんじゅう にも わた る、めっき前や 塗装前とそうまえ段取だんど工程こうてい は、 板金屋ばんきんや さんとの 連携れんけい によって、 らす事ができるはずです。 しかし、 時間じかん と金を 節約せつやく できるのに、お たが いの 会話かいわ り立っておらず、 無駄むだ手間てまかか けてしまっているように思えるのです。 

これを 解決かいけつ するためには、 板金屋ばんきんや さんはめっき屋さんや 塗装屋とそうや さんの事を、めっき屋さんや 塗装屋とそうや さんは 板金屋ばんきんや さんの事を、お たが いに、もっと知らねばならないでしょう。 このページを作成した本当の 主旨しゅし は、バリ取り機を りたいという事では無く、この点にあります。

板金屋ばんきんや さんの 社長しゃちょう さんは、 社内しゃない各加工工程かくかこうこうてい担当者たんとうしゃ に、“ お たが いの仕事を良く 理解りかい しなさい ” と言っておられるはずです。 これが上手 くゆくと、 社内しゃない生産効率せいさんこうりつ は向上します。 この事は、誰でも知っています。 ですが、めっき屋さんの 工程こうてい などを見ると、これと同じ事が、 板金屋ばんきんや さんとめっき屋さんと 塗装屋とそうや さんの間に、も 存在そんざい するという事は明らかです。 実に『もったいない』と思うのは 筆者ひっしゃ だけでしょうか? 




次ページは 板金工場の生産ライン その1 です。




バリ取りレスキュー隊

バリ取りレスキュー隊にMailを送る