AuDeBu 総合情報ページ


洗浄機せんじょうき  よくある質問


  除去率じょきょりつ はどうやって求めるのでしょうか?

精密せいみつ な重さ 計測けいそく で、汚れを落とす前と後の重さの差から求めます。 大量にテストピースを作成して、0.00×gの差を 計測けいそく します。 最新の 機器きき では、 油汚あぶらよご れの場合、 反射率はんしゃりつ の差を使って 画像処理がぞうしょり計測けいそく する 特殊とくしゅ な方法もあるそうです。

 強アルカリイオン水でブラシを 併用へいよう したら汚れが取れるのでは?

丁度ちょうど 良いブラシがあれば、汚れは取れますが、 ブラシで使われている材料が、強アルカリによって 変質へんしつ する可能性が高くなります。 ランニングコスト問題もありますので、非常に作りにくいものと思われます。

アルカリイオン水 洗浄機せんじょうき は、 アルカリイオン水 発生器はっせいき を売りたい人達が作った 装置そうち ですから ブラシとアルカリの 相性あいしょう が悪ければ ブラシを捨てるという選択をしたのだと思います。

 アルカリイオン水 洗浄機せんじょうき では取れない汚れはありますか?

酸を使って取るような汚れ、アルカリ性の汚れは取れません。

例えば、
 ・テープを がした後の のり
 ・ 乾燥かんそう したシャンプーやアルカリ性洗剤
 ・ 尿石にょうせき の類
AuDeBu RACOONオーデブ・ラクーン では、こういった汚れでも、関係なく 洗浄せんじょう できます。

 何故、アルミニウム板とアルカリイオン水 洗浄機せんじょうき相性あいしょう は悪いの?

多くの金属は、酸では溶けますが、アルカリには溶けません。 そんな中で、アルミニウム、 亜鉛あえん 、スズ、 なまり両性金属りょうせいきんぞく と言われていて 酸でも、アルカリでも溶けます。 アルカリイオン水 洗浄機せんじょうき では、アルミニウム板に 模様もよう が付くと言われますが、 実際は 溶解ようかい していて、 表面組成ひょうめんそせい もデタラメに変化していますので 全くのお 釈迦しゃか となります。  板金屋さんで、 頻繁ひんぱん に使われている 亜鉛あえん めっき 鋼板こうはん でも、同様の事が起こります。 ですが、 AuDeBu RACOONオーデブ・ラクーン では、こういった事はありません。

 AuDeBu RACOONオーデブ・ラクーン でも取れないガンコな汚れは?

ブラシの 選択せんたく変幻自在へんげんじざい であるため 母材ぼざい よりも硬い汚れが付いた場合を除き、 原理的げんりてき にはありえません。

 油の 撥水効果はっすいこうか を抑える他の方法は?

酸でもアルカリでも無い他の方法で、 界面活性剤かいめんかっせいざい を使う方法があります。 これは汚れを 界面活性分子かいめんかっせいぶんし で取り囲むという方法で、 石鹸せっけん中性洗剤ちゅうせいせんざい を使う事になりますが、 AuDeBu RACOONオーデブ・ラクーン では、そんな必要もありません。

  汚水処理おすいしょり について教えて下さい。

一般に、板金屋さんの 工場経営者こうじょうけいえいしゃ は、下水に流す事が許される 汚水おすい レベルを気にし過ぎる 傾向けいこう が見られます。 下記の事が言えます。

昔、社会問題になった、 水質汚染すいしつおせん (川を あわ が流れ、川の色が変わった)問題は 現代では発生しません。  規制きせい により 家庭用洗剤かていようせんざい は、 昭和時代しょうわじだい とは 分子構造ぶんせいこうぞう が変わっていて、 1日以内に全ての あわ が消えるだけでなく、日本の 下水処理げすいしょり システムのレベルは世界トップクラスです。

洗剤せんざい は、薄めて流すよう指導されていますが、 仮に、 家庭用洗剤かていようせんざい をボトル丸ごと下水に流しても、 下水処理場げすいしょりじょう では、これを、きちんと処理できるだけの力があります。  但し、下水ではなく川や池に流すと 犯罪はんざい となりますので、その点は注意が必要です。

アルカリイオン水は、時間が経てば水に戻るので 汚水問題おすいもんだい とは 無縁むえん だという話を聞きますが、 洗剤せんざい投棄とうき とアルカリイオン水の 投棄とうき は同じです。  アルカリイオン水は、川や池に 投棄とうき しても良いのなら少しはメリットがあるかも知れませんが、 生活排水せいかつはいすい と同じで下水に直行させねばなりません。

 水、お湯で洗うと びるのでは?

鉄、ステンレス、アルミ共に 短時間たんじかん なら水に触れても、その後、 乾燥かんそう させれば錆びが発生する事はありません。 そもそも 製鉄所せいてつじょ でも、水を使って 金属板きんぞくいた洗浄せんじょう しています。

例外として、お客さんの 環境かんきょう によっては、 洗浄機せんじょうき を使った後のステンレス製品にツブツブ状の びが発生する事があります。  これは、いわゆる “もらい び”です。

厚生労働省こうせいろうどうしょう基準きじゅん では、水道水に含まれる鉄は0.3mg/L以下となっています。 一般的には、60℃の水道水であれば SUS304サスさんまるよん十分じゅうぶん耐食性たいしょくせい をもつと言われています。 こういった 正常せいじょう な水道水であれば問題はないのですが、 板金屋さんでは、常に、 正常せいじょう な水道水が使われるとは限りません。

もしも、 洗浄機せんじょうき を使ったステンレス製品に ブツブツの びが発生したら、まず、疑うべきは、
“水道管の びなどによって、 水道水に0.3mg/L以上の 鉄分てつぶん が混入しているのでは?”
という点だと思います。

休みの後などで、赤い水道水が出る場合は、 直ちに、水道管および 貯水ちょすい タンクの び落とし(業者に頼む)をすべきだと思います。




次ページは  洗浄せんじょう のフェイクNEWS についてです。




バリ取りレスキュー隊

バリ取りレスキュー隊にMailを送る