AuDeBu 総合情報ページ


バリ取りと『 ふん じん 障害防止規則しょうがいぼうしきそく

労働安全衛生法ろうどうあんぜんえいせいほう における、バリ取り 作業さぎょう とバリ取り機に関する 情報じょうほう をまとめます。

労働安全衛生法ろうどうあんぜんえいせいほう では、 ふん じん 障害防止規則しょうがいぼうしきそく が定められており、金属の 研磨けんま ・バリ取り 工程こうてい においては、 作業者さぎょうしゃふん じんから守るために 全体換気ぜんたいかんき また はこれと 同等以上どうとういじょう措置そち が必要であるとされています。  ふん じん 作業さぎょう をおこなう 屋内作業場所おくないさぎょうばしょ毎月まいつき回以上かいいじょう真空掃除機しんくうそうじき を用いた 清掃せいそう が必要であるともされています。

AuDeBuオーデブ などのバリ取り機には、 集塵機しゅうじんき を取り付けねばなりません。   さらに、 集塵機しゅうじんき自主点検じしゅてんけん を行い 点検記録てんけんきろく は3 年間保管ねんかんほかん する事となっています。  オーセンテックさん では、 AuDeBuオーデブ などのバリ取り機に合った 集塵機しゅうじんき提案ていあん しておられます。

ふん じん 障害防止規則しょうがいぼうしきそく 』から、 関連部分かんれんぶぶん抜粋ばっすい し下記に しる します。

事業者じぎょうしゃ責務せきむ )  第一条だいいちじょう 事業者じぎょうしゃ は、 ふん じんにさらされる 労働者ろうどうしゃ健康障害けんこうしょうがい防止ぼうし するため、 設備せつび作業工程又さぎょうこうていまた作業方法さぎょうほうほう改善かいぜん作業環境さぎょうかんきょう整備等必要せいびなどひつよう措置そちこう ずるよう つと めなければならない。 ふん じん 作業さぎょう は“( 一般いっぱんふん じん 作業さぎょう別表第べっぴょうだい 1)”と“ 特定粉とくていふん じん 作業さぎょう別表第べっぴょうだい 2)”に分けられます。

特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん に係る 措置そち )  第四条だいよんじょう   事業者じぎょうしゃ は、 特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん における ふん じんの 発散はっさん防止ぼうし するため、次の表の 上欄うえらんかか げる 特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん について、それぞれ 同表どうひょう下欄したらんかか げるいずれかの 措置そち また はこれと 同等以上どうとういじょう措置そちこう じなければならない。

換気かんき実施等じっしとう )  第五条だいごじょう   事業者じぎょうしゃ は、 特定粉とくていふん じん 作業以外さぎょういがいふん じん 作業さぎょう を行う 屋内作業場おくないさぎょうば については、 当該粉とうがいふん じん 作業さぎょう に係る ふん じんを 減少げんしょう させるため、 全体換気装置ぜんたいかんきそうち による 換気かんき実施又じっしまた はこれと 同等以上どうとういじょう措置そちこう じなければならない。

じょ じん 装置そうち設置せつび )  第十条だいじゅうじょう   事業者じぎょうしゃ は、 第四条だいよんじょう規定きてい により もう ける 局所排気装置きょくしょはいきそうち のうち、 別表第二第六号べっぴょうだいにだいろくごう から 第九号だいきゅうごう まで、 第十四号及だいじゅうよんごうおよ第十五号だいじゅうごごうかか げる 特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん ( 別表第二第七号べっぴょうだいにだいななごうかか げる 特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん にあっては、 一事業場当いちじぎょうじょうあ たり 十以上じゅういじょう特定粉とくていふん じん 発生源はっせいげん ( 前三条まえさんじょう規定きてい により、 第四条だいよんじょう規定きてい適用てきよう されない 特定粉とくていふん じん 作業さぎょう に係る 特定とくてい ふん じん 発生源はっせいげんのぞ く。) を ゆう する場合に限る。)に係るものには、 じょ じん 装置そうちもう けなければならない。

局所排気装置等きょくしょはいきそうちとう の  定期自主検査ていきじしゅけんさ )  第十七条だいじゅうななじょう -(2) 事業者じぎょうしゃ は、 前項ぜんこう局所排気装置きょくしょはいきそうち 、プッシュプル がた 換気装置かんきそうち およじょ じん 装置そうち については、 一年以内いちねんいない ごとに 一回いっかい定期ていき に、次の 各号かくごうかか げる 装置そうち種類しゅるい に応じ、 当該各号とうがいかくごうかか げる 事項じこう について 自主検査じしゅけんさ を行わなければならない。( 以下省略いかしょうりゃく

定期自主検査ていきじしゅけんさ記録きろく )  第十八条だいじゅうはちじょう   事業者じぎょうしゃ は、 前条ぜんじょう 第二項又だいにこうまた第三項だいさんこう自主検査じしゅけんさ を行ったときは、次の 事項じこう記録きろく して、これを 三年間保存さんねんかんほぞん しなければならない。

点検てんけん記録きろく )  第二十条だいにじゅうじょう   事業者じぎょうしゃ は、 前条ぜんじょう点検てんけん を行ったときは、次の 事項じこう記録きろく し、これを 三年間保存さんねんかんほぞん しなければならない。

清掃せいそう実施じっし )  第二十四条だいにじゅうよんじょう   事業者じぎょうしゃ は、 ふん じん 作業さぎょう を行う 屋内おくない作業場所さぎょうばしょ については、 毎日一回以上まいにちいっかいいじょう清掃せいそう を行わなければならない。 第二十四条だいにじゅうよんじょう -2  事業者じぎょうしゃ は、 ふん じん 作業さぎょう を行う 屋内作業場おくないさぎょうばゆか設備等及せつびとうおよ前条第一項ぜんじょうだいいっこう休憩設備きゅうけいせつびもう けられている場所の 床等ゆかなど屋内おくない のものに限る。)については、たい せき した ふん じんを 除去じょきょ するため、 一月以内ひとつきいない ごとに 一回いっかい定期ていき に、 真空掃除機しんくうそうじき を用いて、 また水洗みずあらい する等 ふん じんの 飛散ひさん しない方法によって 清掃せいそう を行わなければならない。ただし、 ふん じんの 飛散ひさん しない方法により 清掃せいそう を行うことが 困難こんなん な場合で 当該清掃とうがいせいそう従事じゅうじ する 労働者ろうどうしゃ有効ゆうこう呼吸用保護具こきゅうようほごぐ を使用させたときは、その他の方法により 清掃せいそう を行うことができる。

ふん じん 濃度のうど測定等そくていとう )  第二十六条だいにじゅうろくじょう   事業者じぎょうしゃ は、 前条ぜんじょう屋内作業場おくないさぎょうば について、 六月以内むつきいない ごとに 一回いっかい定期ていき に、 当該作業場とうがいさぎょうば における 空気中くうきちゅうふん じんの 濃度のうど測定そくてい しなければならない。

一般的いっぱんてき に行われている、ハンド・グラインダーを用いたバリ取り 作業さぎょう は、毎日の 清掃せいそう が行われていない場合も多く、 長年ながねんふん じんが 堆積たいせき したままになっているシーンを見かける事もあります。 

板金屋ばんきんや巡回じゅんかい してみると、 極端きょくたん綺麗きれい板金屋ばんきんや さんと、 極端きょくたんきたな板金屋ばんきんや さんがあるという事に気が付きます。 『 ふん じん 障害防止規則しょうがいぼうしきそく 』を 意識いしき している 板金屋ばんきんや さんと、 意識いしき していない 板金屋ばんきんや さんがあって、 意識いしき していない 板金屋ばんきんや さんは8 わり もいるという人もいます。




次ページはバリ取り だい無料むりょう でいいのか?です。




バリ取りレスキュー隊

バリ取りレスキュー隊にMailを送る